肥満外来の誤解

あなたはジャンクフードや高カロリーで肉汁たっぷりの食べ物は好きですか?マックやケンタッキーは好きですか?食生活の欧米化にともない、日本人の食事は大きくバランスを崩し始めています。
そして、日本人の体型も欧米化してきています。
それにより、肥満に悩み肥満外来のドアをノックする人も増えているようです。
肥満は成人病の一つで、生活習慣病と呼ばれる高血圧、糖尿病、脳卒中、高脂血症などの合併症を引き起こしたり、膝関節症、腰痛症などを引き起こしたりします。
肥満外来ではそういった合併症を防ぐためまたは進行しないため、健康的なダイエットの指導をしてくれます。
肥満外来を訪れる人の中には、肥満外来に行けばすぐに痩せられるすごい薬がもらえると勘違いしている人がいます。
しかし、そんな薬はもちろんありません。
肥満外来では綿密な検査で患者に現状を把握してもらい肥満への危機感をもたせること、カウンセリングを通して原因となる生活行動を見つけだし修正することなどを行っています。
主な治療に食事療法、運動療法、行動療法があります。
自分の体型が気になる、もっと痩せたい。
そう願っている人はたくさん入ることでしょう。
多くのダイエット商品や器具が溢れている今、どれがダイエットにいいのかわからず悩んでいる人も多いでしょう。
間違ったダイエットをして体をこわす前に、まずは肥満外来に訪れてみてはいかがですか?




RSS関連リンク


キャベツダイエットってどんな方法?


る「錯覚ダイエット」ですね。
このキャベツダイエットは「日本人が一番痩せるダイエット」の著者である吉田俊秀先生が推奨しているダイエットです。
肥満外来の70%の人がダイエットに成功したそうです。
その他の注意事項としては、 ○キャベツはノンオイルドレッシング等で!(マヨネーズや油の入っ



ダイエット サプリメント


と肥満や疲労の原因になっているとも言われていて,アメリカでは25才を過ぎたら このL-カルニチンをダイエットや疲労回復などの為に摂取する人が多いらしいです。
また,このダイエットに欠かせない成分L-カルニチンには多くの実績があり,アメリカや日本の 肥満外来


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。